TOP
39.10score

トクトク

日本人は英語が苦手って本当?

日本人は英語が出来ないと言われていますが、本当でしょうか。
日本では大学を出ている人の中でも英語をペラペラに喋ることの出来る人は一握りです。
中学校から大学まで10年近くにも渡って英語を勉強しているにもかかわらずです。
これほど英語を学んでいるにも関わらず、多くの人が英会話を出来ない状況は世界でも稀と言えるでしょう。
このような状況は何が原因で引き起こされているのか、私なりの考えを述べたいと思います。
まず原因の一つは、英語への苦手意識が学校教育の過程で蓄積されていることです。
日本では高校受験、大学受験などで英語は必須の科目となっています。
そのため、完璧な文法、難解な英文読解を必要とされます。
この勉強の過程で「英語は難しいもの」という考えが根付いていっていると思います。
また、英会話の授業が極端に少ないことも原因の一つです。
学校教育ではほとんどの場合、文法や読解、リスニングなどに力を入れていて、英会話の授業はほとんどありません。
英語は会話をしなければ身につきません。
そのほかにも教育の現場では様々な問題があります。
「真面目に音読をすると笑われる」「文法の授業はつまらない」など。
では、日本人は英語が出来ない、向いていないのかと言われれば、そうではないと断言できます。
このような教育の結果、たとえ英語は苦手だと考える人の中にも「英語を話す土台」は出来ていると思います。
私も英語は苦手だと思い込んでいましたが、海外へ一人旅に出かけたとき、多くのネイティブの方と話をしました。
最初は相手が何を言っているのか、どう話せばいいのか、全くわかりませんでしたが、徐々に自分でも驚くほど英会話が出来るようになってきました。
実際に外国人の方と話してみると、文法がメチャクチャな方もかなりいます。
日本で学んだような完璧な文法で話をする人はほとんどいません。
英語はただの言葉、コミュニケーションツールであって「学問」ではないのだと気づかされました。
日本人が英語を苦手とするのは、外国人と実際の接点が少ないからとも言えます。
実際に英語しかない状況に身を置くだけで、英語は難しいものではないと気づき、苦手意識は吹き飛ぶでしょう。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2015-03-26 11:10

コメント (0)